2011年11月20日 (Sun)

タチジャコウソウ(立麝香草)、ノコンギク(野紺菊)、ダルマギク(達磨菊)


昨日の風雨で歩道は落ち葉の絨毯。。
自宅から駅への道は晩秋になると欅の黄葉が綺麗なのですが、今年は楽しむ間もなく散ってしまいました。
      *******************************************

車道と人家の間の狭いスペースに、ピンクのヒメツルソバと白いタチジャコウソウがびっしりと生えていました。
どちらも乾燥に強い花、少しずつ居場所を広げつつあり、石垣の隙間でも可愛い花を咲かせていました。
「タチジャコウソウ(立麝香草)」 別名:コモンタイム  
シソ科イブキジャコウソウ属の常緑小低木で、料理用ハーブの代表格で魚介料理などに使われます。

プランターに植えられ、名札が立ててあった「ノコンギク(野紺菊)」、鮮やかな紫色がとても綺麗でした。
道ばたなどに生えている淡紫色のに比べると、はるかに花弁の色が濃い印象ですので、園芸種なのかもしれませんね。

散歩途中のお宅の石垣に生えていた白い菊、ネットでいろいろ調べた結果「ダルマギク(達磨菊)」ではないかと。。
ただ、自生種は本州、九州の日本海側の海岸の崖に生え、花色は淡紫色ですので、前出のノコンギクと同じく園芸種なのかもしれません。

(2011年11月5日  自宅付近)

2011-11-20 21:10 in 花・風景 | Comments (0) #

2011年11月19日 (Sat)

スイカズラ(吸い葛)、コマツヨイグサ(小待宵草)


朝から時折の激しい雨、夕方から先ほどまで台風のようでしたが、やっと静かになりました。
あちらこちらで土砂災害注意報や大雨注意報が出ていましたが、被害が出ていないといいのですが、、、
           ***********************************
消防署の裏山から市民の森へ入る入り口に市民菜園があります。
絨毯のように咲いていたイヌタデに導かれて菜園内にお邪魔をしました。

季節はずれのスイカズラ、花は3輪だけでしたが、枝に腕輪のように付いた実もあって得をした気分でした。
「スイカズラ(吸い葛)」 スイカズラ科スイカズラ属
花は春に咲きます。和名は花に蜜があるところから付いたそうです
また、花の色が白から黄色になるので、別名「金銀花」とも。。

「コマツヨイグサ(小待宵草)」 
アカバナ科マツヨイグサ属、北米原産の帰化植物です。
秋に芽吹き、春から黄色の花を咲かせます。
花の直径は3㎝ほど、マツヨイグサ属の中では一番花が小さいので「コマツヨイグサ」という名がついたとか…
“待つ宵”という名がついていますが、花は宵を待たずに昼間咲きます。

(2011年11月5日  自宅付近)
2011-11-19 00:01 in 花・風景 | Comments (0) #

2011年11月18日 (Fri)

ノギク(野菊)


2011ワールドカップバレーボール・女子、残念ながら4位でしたが、世界ランク1位のブラジルとワールドカップ2年連続1位のアメリカにストレート勝ち!!
選手たちが一戦ごとに成長していくのがわかり、また諦めない姿勢に感動しました。
来年の最終予選が楽しみです♪
      **********************************************
“野菊はもともとキク属の野生のものをいうが、一般的にはヨメナ属やシオン属、ハマベノギク属なども野菊と呼んでいる”と図鑑には記述されています。
ヨメナ属にはオオユウガギク、ヨメナ、ユウガギク、カントウヨメナなどがあり、野に咲いていた野菊が果たして何という名なのか、図鑑で調べようとすればするほどわからなくなってしまいます。素人には判断をすることは難しいのでしょうね。
近くの消防署の裏山に咲いていたのは、他で見るのに比べ花弁がスマート。
ヨメナではないかと思うのですが、葉の形や厚さ、手触りなどをしっかり確認をしてきていないので、はっきりと断定をすることができませんでした。

この2枚も野菊ということで…(^^ゞ




(2011年11月5日  自宅付近)

2011-11-18 22:46 in 花・風景 | Comments (0) #

2011年11月17日 (Thu)

クコ(枸杞)」、ガンクビソウ(雁首草)


今日は風の無い暖かい一日でした。
両親を伴って、江ノ島へ生シラスを食べに行ってきました。
人気のお店だけあって、平日にも拘わらず45分待ち。。でも、美味しかったのでOK(^^)




             *******************************


「クコ(枸杞)」  ナス科クコ属
夏から紫色の花を咲かせ、秋の終わりにグミに似た赤い実をつけます。
この赤い実を干したものが薬膳やデザートなどに使われます。
花が咲き進むと花弁の色が茶色に褪せてくるのですが、2枚目のは葯が落ちずに咲き始めの状態を保っていました。

小下沢でも登場した「ガンクビソウ(雁首草)」ですが、花の状態が良かったので再登場♪
花の直径は6~8㎜、花の付け根には先の尖った形の葉が2~4枚、襟巻きのようにつきます。



(2011年11月5日 自宅付近)

2011-11-17 21:36 in 花・風景 | Comments (2) #

2011年11月16日 (Wed)

イヌタデ(犬蓼)、ホソバウンラン(細葉海蘭)


裏高尾・小下沢の次は鎌倉の花…と予告(^^ゞしたのですが、
その前に自宅近くをデジ散歩した画像がありましたので、先にご紹介したいと思います。
でも、小下沢でご紹介をした花もありますが、お付き合いくださいね。

自宅から10分程度のところにある斜面を利用した小さな小さな畑は、イヌタデ(犬蓼)がいっぱい♪
白っぽいものと濃いピンクのとが一緒に咲いていました。
タデの花を見ると、つい撮らずにはいられません。











「ホソバウンラン(細葉海蘭)」
ゴマノハグサ科ウンラン属の帰化植物です。
正面から見るとウサギ?トトロ??ウッドペッカー???愛らしい顔をしています。
蜂などが耳とお腹の間にもぐりこみ、花粉を足やお腹につけて運ぶそうです。

(撮影:2011年11月5日  自宅付近)
2011-11-16 20:41 in 花・風景 | Comments (0) #

2011年11月14日 (Mon)

ツリフネソウ(釣舟草)、シロヨメナ(白嫁菜)


今日で小下沢の花は最後となりました。
日影沢と共に、これから時々足を運びたい場所のひとつになりそうです。

       “ツリフネソウ”               “シロヨメナ”

今回どうしても名前の分からないのがあり、もしどなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとうれしいです。
残念なことに花はすでに終わった状態でしたので、ちょっと難しいかもしれませんが、よろしくお願いいたします。


沢の水辺近くに生えていました。
最初はキク科コウヤボウキ属の“ハグマ”の仲間かと思ったのですが、
葉は虫に食われてしまってはっきりとした形がわかりませんし、花序の下の方に丸いムカゴのようなものがいくつも付いていて、「はて、なんだろう??」と。。

(撮影:2011年11月3日  裏高尾・小下沢)
明日からはまた鎌倉の花たちをご紹介したいと思います。

2011年11月13日 (Sun)

シュウブンソウ(秋分草)、クサボタン(草牡丹)


木下沢林道脇を流れる沢の流れは緩やかでしたが、花探しに夢中で、流れに手を入れてみるのを忘れていました(^^ゞ


「シュウブンソウ(秋分草)」
見た感じ“ヤブタバコ”に似ていますが、葉の付け根からでた短い茎の先に付けた花は直径4~5㎜でヤブタバコよりちいさいものです。
キク科ヤブタバコ属で、花の中心部には筒状花、まわりにはとても小さいのですが舌状花がちゃんと並んでいます。
今回は花の時期を終えた状態と思われ、淡黄緑色の花が見られなくて残念でした。

木下沢林道を後にし、バス通りに出たところで目に入った薄紫色の「クサボタン(草牡丹)」、一株だけでしたが可愛い花をつけていました。
ひげのような綿毛で知られているセンニンソウと同じ、キンポウゲ科センニンソウ属です。
花は狭い釣鐘形で長さ1~2cm、先はくるっとカールして、外側に絹のような毛があります。ちょっと触ってみればよかったなぁと後悔です。


(撮影:2011年11月3日  裏高尾・小下沢)

Page 5/53: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »