2011年11月6日 (Sun)

アメリカイヌホオズキ


高尾・日影沢からひとつ先のバス停“大下”で下車、木下沢(こげさわ)林道への道を入りました。
今までは裏高尾と日影沢しか行ったことがないので、どのようなところなのか、どのような花に出会えるのか期待をして。。
林道に入って初めて目に止まった「アメリカイヌホオズキ」、北アメリカ原産の帰化植物で、自宅付近にも生えている特に珍しい花ではないのですが、花も葉もいたみが無く、少し濃い目の薄紫色の花がとても綺麗でしたので暫し撮影モード全開に♪

「アメリカイヌホオズキ」 ナス科ナス属
イヌホオズキに似ていますが、やや湿ったところを好みます。
葉はやや細めで薄く、縁にあらい鋸歯があります。枝先に4~5mmの淡紫色または白色の花を2~4個付け、花後は花柄が下に垂れて丸いつやのある果実になります。


こちらは自宅近くに生えていた「イヌホオズキ」です。
温帯から熱帯にかけて広く分布をし、日本へは古い時代に畑の雑草として入ったと考えられているそうです。
葉は卵形でふちに波型の鋸歯があり、質はやや厚めです。
花の付く枝は節の間からでて、6~7㎜の白い花を4~10個つけます。
花後は花柄が下を向き、丸くてつやのない果実をつけます。




「アメリカイヌホオズキ」と「イヌホオズキ」どちらも似ているので、並べて見比べないと区別がつかず、いつも「どっちだっけ??」と悩ましい花です。
でも、どちらも可愛い花と実をつけますので、つい撮ってしまいます。

(撮影:2011年11月3日 高尾・木下沢 / 11月5日 自宅近く)

2011年11月5日 (Sat)

コウヤボウキ(高野箒)、シロヨメナ(白嫁菜)


上野原で思いがけず出会えた花のもうひとつは「コウヤボウキ(高野箒)」です。
数年前、奥多摩湖畔と御岳山で見たことはあるのですが、花期が9~10月ということもあって、上野原では初めて。。
ヤクシソウの白花に同じく一株だけでしたので、いずれ姿を消してしまうかもしれません。出会えたことに感謝です。

「コウヤボウキ(高野箒)」  キク科コウヤボウキ属
山地や丘陵地のやや乾燥したところに生えるキク科では珍しい草本状の小低木です。
枝は細く細かく枝分かれし、1年生枝の枝先に白色の頭花を一つつけます。
細いリボンを束ねたような頭花は1.5cm程度で可愛らしい姿をしています。
昔、高野山では竹を植えることが禁じられていたため、竹箒の代わりにこの枝を束にして箒にしたところから付いた名だそうです。

「シロヨメナ(白嫁菜)」
キク科シオン属で山野に生える高さ0.3~1mの多年草です。
ネット検索をすると別名「ヤマシロギク」との記述を多く見るのですが、私がいつも参考にさせていただいている図鑑“山と渓谷社・野に咲く花”では「イナカギク」の別名を「ヤマシロギク」としています。
野に咲くキク科の花は見ただけでは素人の私には分類をするのはとても難しく、“ノギク(野菊)”とした方が間違いがないのかもしれません。



野の花ではないのですが、途中の畑に咲いていたラッキョウの薄紫色の花がとても可愛かったので♪



(撮影:2011年11月3日 山梨県上野原市)
2011-11-05 20:16 in 上野原 | Comments (0) #

2011年11月4日 (Fri)

ヤクシソウ(薬師草)の白花


上野原の霊園脇の山際には、山や野の花が咲いているので、帰りの高尾への寄り道とともに、楽しみのひとつです。
11月に訪れたのは初めてでしたので、思いがけない花を撮ることができ大喜び♪
その思いがけない花のひとつは「ヤクシソウ(薬師草)」、黄色のヤクシソウは鎌倉でも見ることのできる花なのですが、白花が一株だけでしたが咲いていたんです♪♪


「ヤクシソウ(薬師草)」  キク科オニタビラコ属
山野の日当たりのよいところに生える2年草です。
名の由来は、薬師堂のそばで最初に見つけられたからとか、根生葉が薬師如来の光背に似ているからなど諸説あるようです。
枝先に上部の葉の脇に直径1.5cmの黄色の頭花を数個ずつ付けます。


ヤクシソウの白花、白花といっても純白ではなく淡~いクリーム色という印象ですが、黄色のヤクシソウの近くに一株だけありました。

(撮影:2011年11月3日  山梨県上野原市)


2011-11-04 21:13 in 上野原 | Comments (0) #

2011年11月3日 (Thu)

ツユクサ(露草)


今日は上野原への墓参の帰りに、裏高尾から少し奥に入った木下沢(こげさわ)林道へ初めて行ってみました。
時々行く日影沢とまた生えている草花が違うように思いました。
まだ画像の整理や名前調べなどができていませんので、木下沢で撮った花たちは明日以降にご紹介したいと思っています。
        

                  (裏高尾の秋景色) 
             ***************
上野原駅前のヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)の群落に混じって咲いていたツユクサ(露草)は普段目にするのに比べ、半分ほどの小ささでした。
ヒメツルソバに負けて小さくしか咲けなかったのか、それともそういう種類なのか…は不明ですが、可愛らしかったので撮ってきました(^^ゞ



(撮影:2011年11月3日  東京都八王子市裏高尾 / 山梨県上野原市)
2011-11-03 22:30 in 上野原 | Comments (0) #

2011年11月2日 (Wed)

イワシャジン(岩沙参)、リンドウ(竜胆)


円覚寺の塔頭の中で“山野草・花の寺”として知られている松嶺院には、季節ごとの様々な花が植えられています。


「イワシャジン(岩沙参)」 キキョウ科ツリガネニンジン属
中部地方から関東地方の山地の湿った岩石の間などに生える多年草です。
秋、細い花柄の先に8~10個ほどの花が総状花序につきます。
薄紫色の釣鐘形の花が風に揺れる様は、優しげでかわいいです。


「リンドウ(竜胆)」  リンドウ科リンドウ属
秋の山を代表する20~100cmの多年草です。
園芸店や花屋さんでも秋の花の代表で、紫色だけではなく白やピンクの花も並んでいます。
右側の紅紫色の方は草丈15cmほど、左の紫色のとは花の様子が少し違うように感じられました。

(撮影:2011年10月24日)
2011-11-02 20:17 in 鎌倉 | Comments (0) #

2011年11月1日 (Tue)

ダイモンジソウ(大文字草)


盆栽などで使われる岩に植えられ、花を咲かせている「ダイモンジソウ」。花の形からわかるように“ユキノシタ科ユキノシタ属”です。
自生種は、高山から低山までの湿気のある岩上に生える多年草で、葉は腎円形、白色の花を大の字の形に咲かせます。
円覚寺・松嶺院で見られるものは園芸種だと思いますが、ちょうど可愛らしい花を咲かせていました。




(撮影:2011年10月24日 円覚寺・松嶺院)
2011-11-01 22:23 in 鎌倉 | Comments (0) #

2011年10月31日 (Mon)

ホトトギス(杜鵑草)-3


円覚寺・松嶺院の境内には様々なホトトギスが咲いていました。そのなかで、淡いクリーム色のは初めて。。
クリーム色の花被片の内側の薄紫色の斑点は、程よく散らばり上品です。
また、基部の黄色の斑紋がはっきりしていて、鮮やかです。










「タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)」
名のごとく、台湾ではもっともふつうに見られるホトトギスで、沖縄の西表島にも野生をしているそうです。
観賞用によく栽培されているので、鎌倉でもあちらこちらで見ることができます。茎はよく分岐して、高さ0.6~1mになり、花は散房状につきます。
花被片は淡紅色で淡紫色の斑点がありますが、この色も株によって変化が見られるように思います。

(撮影:2011年10月24日  円覚寺・松嶺院)
2011-10-31 20:20 in 鎌倉 | Comments (0) #

Page 7/53: « 3 4 5 6 7 8 9 10 11 »