5639021
47185: 鑑定の程、お願いします。 J3 7月26日(日) 13:50
シュロの木の隣に生えている大きな木で、生えている場所は関東の住宅地です。撮影は7月、鳥達がよく群れ集まるので、木の実を食べていると思われます。
撮影した写真の右端に実があるのですが、背の高い木なのでこのくらいの大きさでしか撮影できませんでした。
情報が少なくて申し訳ないのですが、鑑定して頂ければ幸いです。

J3 7月26日(日) 13:51
赤マルが実と花?だと思います。
鳥が口を開けているので、鳥は実を食べていると思います。

J3 7月26日(日) 13:55
こんな感じでシュロの木と競うようにみっしり葉を生やして立っています。

きいよ 7月26日(日) 14:32
互生で偶数羽状複葉、小葉が4-6対のようです。
ムクロジ科ムクロジを候補に挙げます。
ご検討ください。

J3 7月26日(日) 14:38
きいよ様
有難うございます!!ご教示頂いたムクロジで検索したら非常によく似ていました!!お陰様でとてもすっきりしました!
本当に有難うございました!!
47183: ご鑑定お願い致します。 yo56 7月26日(日) 10:05
標高1700m付近で見つけた樹木です。
高さ1m前後の低い木でした。
葉の周りや実と思われる部分が毛に覆われて
いる印象でした。
この植物の名前を教えてください。
お願い致します。

yo56 7月26日(日) 10:06
葉裏の写真です。

yo56 7月26日(日) 10:09
実と思われる部分の写真です。

亜阿相界 7月26日(日) 10:22
yo56さん、こんにちわ。

標高1700m付近はいいのですが、どちらの地方でしょう?

個人的にはレンゲツツジの葉に見えますが、どうでしょうかね。

クサボケ 7月26日(日) 11:31
私はオオバツツジを思い浮かべました。
オオバツツジの分布は中部地方以北ですが、撮影地はどちらですか?

yo56 7月26日(日) 11:37
亜阿相界様、地域の情報が足りなくて申し訳ありません。
新潟県になります。レンゲツツジの分布域になりますので
間違いないように思います。教えて頂きありがとうございます。





yo56 7月26日(日) 11:52
クサボケ様、教えて頂きありがとうございます。
オオバツツジ確認させて頂きました。
密に生える毛や葉裏の特徴が酷似しています。
標高の高い場所にも見られるツツジという点で
オオバツツジが有力に感じた次第です。
教えて頂きありがとうございました。

亜阿相界 7月26日(日) 13:07
yo56さん、クサボケさんこんにちわ。

小生、オオバツツジは未見なので詳しくは分かりませんが、レンゲツツジよりはオオバツツジの方がよさそうですね。
新潟県は、本州の秋田県から福井県にかけた日本海側に分布しているというオオバツツジの分布域にも合致しています。というわけでレンゲツツジは取り下げます。
47181: こちらの樹木名を教えてください。 やまあらし 7月25日(土) 21:39

お世話になります。こちらの樹木名を教えてください。

きいよ 7月25日(土) 22:22
側脈が葉先方向へ長く伸びているように観えます。
クスノキ科ニッケイだと思います。
ご検討ください。
47182: こちらの樹木名を教えてください。 やまあらし 7月25日(土) 21:39
お世話になります。こちらの樹木名を教えてください。

きいよ 7月25日(土) 22:19
アサ科エノキだと思います。ご検討ください。
47155: カキノキの葉に似てる 苺大福 7月17日(金) 19:44
撮影場所は千葉県我孫子市久寺家で道路の横に生えていました。成田市名木でも同様のものを見かけました。枝に毛があり、葉は互生。表は毛が無く、裏は脈上に毛がありました。鋸歯は無く、触れると薄く、透けて葉脈が見えます。花や実、蜜線は確認できませんでした。千切ってもあまり匂いはありませんでした。
周辺はアオギリとアカメガシワ、タケ等があり、日陰でした。

苺大福 7月17日(金) 19:48
高さは8メートル程だったと思います。上の方で同じ感じの葉を付けていました。おそらく、親木と思います。樹皮の感じは雨で濡れていた為か鉄が錆びた色に見えます。

若葉 7月18日(土) 08:47
ツバキ科ナツツバキはどうでしょうか。

通行人C 7月18日(土) 13:33
こんにちは。
2枚目写真の幹が同じ樹種かどうかは判断出来ませんが、1枚目の葉は、カキノキ又はマメガキでは?

雑草爺 7月21日(火) 16:05
葉が枝先に集まって束生しているように見えるので
モチノキ科アオハダかと思います

きいよ 7月23日(木) 15:20
通行人Cさんが仰るように1枚目の葉はカキノキ科樹木の葉のように思います。
ヤマガキと思っている木の葉をの載せます。

このきなんのき所長 7月25日(土) 22:03
ここまで丸みのある葉でしわも目立つので、カキノキでしょうね。カキノキが野生化したものをヤマガキと呼びますが、元々は中国原産とされます。人里周辺でよく野生化するので、お尋ねが多い木の代表格ですね。
47179: この木の名前を教えて まめ子 7月25日(土) 08:37
以前沖縄の方から母がいただいたという木なのですが、どんどん増えています。
何と言う木ですか?
花は咲くのでしょうか?
ご存知の方教えて下さい。

まめ子 7月25日(土) 08:39
葉の写真です。

sanpo 7月25日(土) 09:29
まめ子様、おはようございます。
ベンケイソウ科の多肉植物セイロンベンケイか、その近種ではないでしょうか?
もしそうなら、釣り鐘状の花が咲くと思います。

まめ子 7月25日(土) 10:20
ありがとうございます😊

参考にさせて戴きます。

釣鐘型の花。楽しみ。

このきなんのき所長 7月25日(土) 22:00
「葉から芽」の商品名でも知られるセイロンベンケイでしょうね。小笠原や沖縄ではよく野生化しており、在来種を駆逐する外来種として問題視される一面もあります。

温暖化する日本では、本州等でも次々増えていく可能性があるので、注意したい植物ではありますね。花は綺麗です。
47166: これは、なんの木でしょうか? まー 7月20日(月) 17:36

まー 7月20日(月) 17:36
追加

若葉 7月20日(月) 19:24
ヒノキ科サワラはどうでしょうか。ヒノキに似ますが葉先が尖って見えました。

亜阿相界 7月20日(月) 20:31
まーさん、こんばんわ。

若葉さんのおっしゃるサワラに賛成なのですが何か品種モノの雰囲気を感じます。

若葉さんもおっしゃっていますがヒノキの葉は外周が丸いのに対し、サワラには角があります。とても小さな差なのですが、これが全体となると遠望したヒノキは光っている所があるのに対し、サワラの方は光りません。近寄れない場所にある個体を観察するときには結構役立ちます。

しょう 7月22日(水) 08:03
まーさん、お邪魔します。
若葉さん、亜阿相界さんのヒノキとサワラの違い、勉強になりました。
亜阿相界さんのコメントの中で、「遠望したヒノキは光っている所があるのに対し、サワラの方は光りません。」とありますが、どのような状況でどのように光って見えるのですか?教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

亜阿相界 7月22日(水) 08:08
しょうさん、こんにちわ。

「光る」と書くと輝いているようなイメージになりますね。そうではなく、風などで葉が動いたとき周囲より明るい部分が見える、という程度です。これに対してのサワラは艶消しのイメージでしょうか。

しょう 7月22日(水) 09:21
なるほど。
色合いのことですね。サワラはヒノキに比べると濃いミドリで艶がないということですね。
ありがとうございました。

亜阿相界 7月22日(水) 09:28
え〜っと、しょうさんこんにちわ。

色合いではないんです。「どちらが緑?」と聞かれたらサワラよりヒノキの方が・・・、という方が多いと思うんですが・・・。

説明は難しいですね。ヒノキとサワラ、それぞれを確認できている個体で、遠くから全景を見てみてください。感覚的なのかなぁ・・・。

Miyazaki 7月22日(水) 10:50
こんにちは。

まーさん、お尋ねの樹、再訪が可能でしたら葉裏の気孔帯をご覧になってみて下さい。双方の違いは明瞭です・・・・。

このきなんのき所長 7月25日(土) 21:53
なるほど、ヒノキの葉が光って見えるという表現、わかります。緑色が濃く見えるのも確かにヒノキの方です。慣れると遠目にも見当がつくようになりますが、品種による変異などもあるので、やはりX字orY字の気孔帯をしっかり確認したいですね。
47180: horiuchi 7月25日(土) 18:06
この木は何の木でしょうか?
よろしくお願いします。

horiuchi 7月25日(土) 18:08
山梨県です。

horiuchi 7月25日(土) 18:09
木の幹です。

若葉 7月25日(土) 18:17
クスノキ科アブラチャンではないでしょうか。

horiuchi 7月25日(土) 18:51
そうでしょうね。どうもありがとうございました。
47177: 木の名前を教えてください にっさ 7月23日(木) 17:01
すみません。もうひとつ教えてください。近所のお店の敷地植えられてました。高さは4,5メートルです。

にっさ 7月23日(木) 17:02
樹皮です

通行人C 7月23日(木) 17:43
こんにちは。
フトモモ科のメラレウカはどうでしょうね。
栽培種はあまり自信がありませんので、他の方のご意見をお待ち下さい。

にっさ 7月24日(金) 13:20
ありがとうございます。メラレウカで承知しました。
47173: この樹木の名前が知りたいです みぢゅ 7月22日(水) 22:36
残念ながら2年ほど前に建物解体のため伐採されています。
長年調べていますが判りません。
葉は大きなもので約5センチでした。

みぢゅ 7月22日(水) 22:40
木全体です。
画像が暗く分かりにくいですが、赤い日除けテントの隣。
こんもりとした木が、建物を包み込むように生えていました。

みぢゅ 7月22日(水) 22:42
夏前に沢山落ちていた実です。

みぢゅ 7月22日(水) 22:43
実の大きさです。

みぢゅ 7月22日(水) 22:44
実の断面です。

みっちゃん 7月22日(水) 23:10
オオイタビ(クワ科イチジク属)でしょう。

みぢゅ 7月23日(木) 00:30
みっちゃん
オオイタビで確認できました。確か「外国のもの」と聞きました。
花が見られなかったのはイチジク属だからなのですね。
有難うございました。

亜阿相界 7月23日(木) 06:41
みぢゅさん、こんにちわ。

>確か「外国のもの」と聞きました。
とありますが、日本でも関東南部以西、特に海岸近くの暖地に自生しています。この日本を含めた東アジア南部に分布している種です。

きいよ 7月23日(木) 11:12
みじゅ 様
オオイタビカズラは蔓性樹木で、茎から気根を出して岩や他の樹木に固着します。写真2枚目の「こんもりした木」は自立する樹木にオオイタビカズラがくっついた様子ですね。

みぢゅ 7月23日(木) 22:28
亜阿相界さん
有難うございます。調べ進めるうちにプミラだと知りました。
身近にあったものなので驚いています。

みぢゅ 7月23日(木) 22:31
きいよ様
なかなか正体がわからなかった理由が判明しました。
有難うございます。
【編集・削除方法】
1:編集・削除したい投稿の冒頭タイトル左にある矢印マークをクリックします。
2:切り替わった画面で、ページ最下部の欄に、投稿時に入力したパスワードを入力します。
3:「編集」(返信がついていない最初の投稿のみ可能)か「自分の最後の投稿を削除」か「スレッド自体を削除」を選びます。
4:実行ボタンをクリックすれば編集画面に移るか削除完了します。
※文脈を乱さないために、返信がついた後や古い投稿の編集・削除はできない仕組みになっています。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2020-8






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031