333556
Name:
Email:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Image: Exif
Color:
Password:
 cookie


飛燕 No4 野猿 6月24日(金) 12:28
 
6月22日

コシアカツバメの水浴び?

野猿 6月24日(金) 12:41
着水場面は、少しタイミングが早かった様で大人しいショットになりま

秒間 20枚 SS 2000

野猿 6月24日(金) 12:45
水浴びか、水飲みか、分かりません。

野猿 6月24日(金) 12:48
水浴びのようです。

野猿 6月24日(金) 14:01
ファインダーに入れるのが、精一杯で余裕はありません。
ピントは結果任せ!

野猿 6月24日(金) 14:05
営巣中は、ヤマセミ同様で、水浴びが多い様

野猿 6月24日(金) 14:08
何度かあったチャンスも、撮れたのは1回だけ!
飛燕 No3 野猿 6月24日(金) 07:06
 
ツバメより、約一ケ月くらい遅れて飛来するコシアカツバメ君は巣作りの真っ最中ですが、

綺麗なツバメ君は、既に役目を終えたのか、池に近づく回数が少ないです。

ツバメ君 6月22日 撮影

野猿 6月24日(金) 07:16
ツバメ君はコシアカに較べて滑翔が少なく、動きが早い事からファインダーに入りにくく難しいです。


後追いの後ろ姿ばかりで、大量のゴミ出し!

野猿 6月24日(金) 07:18
それでも、時には運よく撮れる事があり、頑張っての練習です。

野猿 6月24日(金) 07:19
ツバメ君
尾羽の模様が綺麗です。
飛燕 No2 野猿 6月21日(火) 20:19
 
飛燕No2 コシアカツバメ編

6月18日 撮影

野猿 6月21日(火) 20:24
「飛燕の早業」と云う言葉があるように、ツバメは動きが早すぎて、現在の小生にとっては撮ったと云うよりも、結果的に撮れていたというのが正直なところ!

野猿 6月21日(火) 20:32
6月18日
早朝の6時03分 撮影

野猿 6月21日(火) 20:35
風もなく、小さな池は鏡の様

野猿 6月21日(火) 20:37
光線不足の感も?

野猿 6月21日(火) 20:39
突っ込みの一瞬

野猿 6月21日(火) 20:41
水を飲んだのか採餌だったのかは、正確には?

野猿 6月21日(火) 20:48
6月19日は、この一枚だけで風が出て、さざ波のお蔭で水飲みシーンはなし!

条件が揃うのは難しい。
飛燕 野猿 6月20日(月) 05:18
 
ボケ防止を兼ねての飛び物練習

場馴れする必要もあり、ヤマセミ常設ブラインド内からの撮影


野猿 6月20日(月) 05:23
練習対象はツバメ

ツバメは小さくて早く、絶好の練習対象です。

野猿 6月20日(月) 05:28
ヤマセミ君の水浴び撮影の教訓で、思い立っての特訓です。


野猿 6月20日(月) 05:33
手持ち!三脚!

いずれも一長一短で、練習で慣れる以外にないようです。

野猿 6月20日(月) 05:35
この場所は、コシアカツバメ君のフィールドです。
ヤマセミ百景 No3 野猿 6月15日(水) 08:46
 
6月13日

見張り用の止まり木に番が、そろって見られます。

親鳥♂君(左)が餌を咥えていますが、親♀に渡す様子は見られません。

野猿 6月15日(水) 08:48
この時期 親♂は、雛の給餌に専念している様です。

野猿 6月15日(水) 08:51
巣立ちの日も近いと思われます。


野猿 6月15日(水) 08:55
朝 7時34分 

親♂が水浴びにやって来ました。

野猿 6月15日(水) 09:01
前回のチャンスで悔しい思いをした事から、今回は用意周到で臨んで見ました。







野猿 6月15日(水) 09:04
飛び物は、場馴れする事が一番ですね?


野猿 6月15日(水) 09:07
何度もチャンスがある訳ではないので、想定練習も必要です。

野猿 6月15日(水) 09:10
梅雨入りの時期だけに、天候も影響しますが。
ヤマセミ百景 No2 野猿 6月12日(日) 10:48
 
6月9日 早朝 7時7分

常設ブラインドの目の前にある止まり木に、お父さん役の雄が水浴びに来ました。

野猿 6月12日(日) 10:59
距離は20bくらいで近過ぎです。

200〜600mm望遠レンズ W端で ノートり
ズームに感謝!



野猿 6月12日(日) 11:11
雄の水浴びはタッチ&ゴーで、早過ぎてカメラワークが付いて行かず、残念ながら着水が撮れません。

野猿 6月12日(日) 11:13
朝の光線も良く、撮影には絶好のチャンスでしたが残念です。


野猿 6月12日(日) 11:16
腕の悪さを反省、悔しいものですね!

野猿 6月12日(日) 11:17
次回のチャンスに期待して!
ヤマセミ百景 野猿 6月12日(日) 06:07
 
6月8日
早朝の6時30分 営巣中の雌が水浴びにやって来ました。

今季 始めて姿を見せる雌です。

野猿 6月12日(日) 06:15
常設のブラインド効果か!


野猿 6月12日(日) 06:21
雌の水浴びは、
抱卵が終わり、孵化した雛の給餌が始まったとおもわれます。

野猿 6月12日(日) 06:23
昨年よりも、少し遅い動きに感じられます。

野猿 6月12日(日) 06:30
丁寧な水浴びだった事から、何とか幸運を撮る事が出来ました。

野猿 6月12日(日) 06:50
早朝の事 早起きは三文の得かも?
はやぶさ編 No3 野猿 6月 6日(月) 20:26
 
2羽の巣立ち雛を確認されたのが5月28日です。
7日の1週間目が3日で、雛も営巣地付近を自由に飛び回ってます。

野猿 6月 6日(月) 20:31
雛♀の大きさは成鳥と変わりません。

野猿 6月 6日(月) 20:34
飛ぶだけでなく、兄弟喧嘩らしいバトルも展開してくれます。

野猿 6月 6日(月) 20:40
断崖絶壁の海岸も狭く感じる時期を迎えた様です。

野猿 6月 6日(月) 20:47
雛は、体下面の模様です。

野猿 6月 6日(月) 20:49
側面模様

野猿 6月 6日(月) 20:51
成長♀の親鳥です。

野猿 6月 6日(月) 20:53
貫禄十分の母さん鳥
ハヤブサ君達の止まり物?編 野猿 6月 5日(日) 19:41
 
朝食中の親子(6/1)



野猿 6月 5日(日) 19:51
断崖絶壁の斜面で休息中です。




野猿 6月 5日(日) 20:03
成長の早い個体は♀の雛

野猿 6月 5日(日) 20:05
幾分 晩熟の感じがする♂の雛

野猿 6月 5日(日) 20:08
♂は、雛の時から小ぶりですね!

野猿 6月 5日(日) 20:09
奥が♂、手前が♀と思えます。

野猿 6月 5日(日) 20:13
元気の良い♀雛、
営巣地のハヤブサ 野猿 6月 2日(木) 14:21
 
3年も続けて繁殖に失敗しているハヤブサの夫婦です。

期待はして居ませんでしたが、週末に朗報が入りました‼


野猿 6月 2日(木) 14:36
日曜日ですが、早起きして確認に!
雛は隠れており、親の給餌が始まるまで姿を見せてくれません。

海岸の絶壁に隠れていました。

野猿 6月 2日(木) 14:38
出て来ました。

未熟な感じの雛です。

野猿 6月 2日(木) 16:09
留巣性が高く半晩成型のハヤブサ君、

巣立ちして2日目では、親が呼ばないと姿を見せません。
直ぐ飛べる様になるはずですが?

野猿 6月 2日(木) 16:11
2羽目も出て来ました。

野猿 6月 2日(木) 16:11
給餌です。

野猿 6月 2日(木) 16:14
雛の見張り場所の止まり木です。

野猿 6月 3日(金) 05:53
給餌は親鳥♀の役割が決まっている様です。

野猿 6月 3日(金) 05:54
29日の日曜日の事
5月25日 野猿 5月26日(木) 21:36
 
当日は、自宅を朝5時ごろ出発、現地の常設テントに入ったのが6時半でした。

ヤマセミ♂君、7時過ぎに1回目の登場
お気に入りの見張り台

野猿 5月26日(木) 21:40
暫くして、巣穴を覗きに行きましたが、給餌をした様子はありません。

野猿 5月26日(木) 21:49
見張り台にしている止まり木は何ヵ所かありますが、テントに一番近い止まり木で、くつろぎタイムに入りました。

野猿 5月26日(木) 21:55
昨年も此処で、子育てに成功した番との事です。

野猿 5月26日(木) 21:59
侵入者を見つけた様で、飛び出して行きました。

野猿 5月26日(木) 22:04
お昼過ぎまで、観察を続けるものゝ残念ながら雌の姿は見られません。
益田川の河口 野猿 5月24日(火) 19:14
 
キアシシギ
旅鳥 L25cm 渡りの途中の通りすがり

野猿 5月24日(火) 19:18
5月中旬の出会いは例年通りです。

繁殖地へ向かう、北上の途中ですね。

野猿 5月24日(火) 19:22
九州の大授を5月上旬に通過して、当地は中旬以降の通過です。

野猿 5月24日(火) 19:32
キアシシギとの出会いに不思議はありませんが、この時期にシノリガモ君を見るとは?

何故 残っているのかな?

野猿 5月24日(火) 19:34
コチドリ君も例年通りに、数が増えて来ています。


1 2 3 4 5 6 7 8 9