[戻る]
編集・削除・レス取消
パスワードを入力し、機能を選択して実行ボタンをクリックしてください。
シロチドリ君が? 野猿 10月26日(月) 05:26
 
10月21日以降 集団で生活していたシロチドリ君が見られなくなりました。

野猿 10月26日(月) 05:51
子育てにも適していたのか、繁殖後も2〜30羽の集団で生活していた三里ヶ浜

10月21日の撮影

野猿 10月26日(月) 05:56
21日の水曜日は、

珍しく集団で砂浜を飛び交う姿を見せてくれ居ました。


野猿 10月26日(月) 05:58
シロチドリの集団飛行は初めての観察です。


野猿 10月26日(月) 06:07
浜には40羽くらいが見られ、数が増えた様で喜ばしい事と思っていたものです。


野猿 10月26日(月) 06:25
西日本のシロチドリは、基本的に留鳥である事から越冬するものと思っていましたが、

今から思うに、

集団飛行は移動の前ぶれだったようです。
10月21日(水) 野猿 10月22日(木) 13:06
 
高鳴きの季節も、そろそろ終盤に入って来ているモズ君です。

縄張りも決まった様子で、何となく落ち着いて見えます。

野猿 10月22日(木) 13:09
日差しも柔らかく写真日和の水曜日でした。

野猿 10月22日(木) 13:11
10月は、ノビタキ君も季節の鳥と云えるでしょう。

野猿 10月22日(木) 13:13
今日も、河原を賑わしてくれていました。

野猿 10月22日(木) 13:15
秋の渡りでは、夏羽を見ませんね!
10月12日(月) 野猿 10月12日(月) 19:03
 
台風一過の益田川河口にハマシギ君です。


野猿 10月12日(月) 19:11
旅鳥ないしは冬鳥ですが、山陰では旅鳥として少数の群れが観察されるだけです。


野猿 10月12日(月) 19:14
今回も2羽だけの観察で、既に冬羽に換羽しています。

野猿 10月12日(月) 19:19
台風で洗い流された河口の砂浜は綺麗で地味なハマシギ君も素敵に見えます。

野猿 10月12日(月) 19:21
いつの日か、100羽以上のハマシギの大群に出会いたいものです。
10月5日(月) 野猿 10月 6日(火) 16:22
 
秋の渡りのエゾビタキです。

191号線は「みと自然の森」にて

野猿 10月 6日(火) 16:29
山陰地方の山間部では、この時期よく見かける小鳥です。


野猿 10月 6日(火) 16:41
春の繁殖は日本を通り過ぎる、千島、サハリン以北で行い、
冬季は台湾以南で過ごす仔で、日本は通り道にしている旅鳥です。

野猿 10月 6日(火) 16:46
アオゲラ君

人の気配がしない山間部の公園は、小鳥たちにとっては、憩いの場です。


野猿 10月 6日(火) 16:49
この時期には珍しいカケス

久し振りの公園は恵まれます。
コシアカツバメ 野猿 10月 1日(木) 18:24
 
容姿に恵まれないコシアカツバメは、写真に成りにくい事から人気もないようです。

9月30日 ホームページの図鑑写真を撮りたくなり挑戦しました。


野猿 10月 1日(木) 18:37
成鳥 

雌雄同色で性別は不明

野猿 10月 1日(木) 18:41
体下面のハブ白色も明るく黒褐色の縦班も薄い事から若鳥と思われます。

野猿 10月 1日(木) 18:47
成鳥は、尾が長く顔も黒褐色の縦班が密にあり貫禄があります。

野猿 10月 1日(木) 18:54
ツバメよりも尾は長く、翼の幅も広い事から滑翔が多く飛翔写真が撮りやすいです。

この時期は換羽中の個体が多いです。

野猿 10月 1日(木) 18:56
この仔は、尾が短く全体的に淡色で幼鳥かと思われます。

野猿 10月 1日(木) 18:58
この仔も幼鳥かと思われます。

野猿 10月 1日(木) 19:00
成鳥は、図鑑用の飛翔写真です。

秋分の日 野猿 9月25日(金) 19:09
 
秋のお彼岸と云えば、コシアカツバメの渡り集結です。

我が家の庭 周辺では、季節の鳥とも言えます。

野猿 9月25日(金) 19:11
23日は天候に恵まれたのか、300羽以上が集まって来ました。

野猿 9月25日(金) 19:13
庭先の木にも羽を休めます。

野猿 9月25日(金) 19:19
コシアカツバメ君は容姿に恵まれているとは云えませんが、数が集まると!

野猿 9月25日(金) 19:47
年によって時期にズレがありますが、9月下旬に始まって10月上旬ま続きます。

野猿 9月25日(金) 19:59
すべては天候次第だいですが!

野猿 9月25日(金) 20:02
時間帯は、午前7:00〜8:30くらいです。
ヨシ原 観察 No3 野猿 9月23日(水) 06:35
 
コヨシキリ

シマセンニュウのピークが過ぎた後に姿を見せるコヨシキリです。

21日 早朝の撮影

野猿 9月23日(水) 06:39
写真的には満足できませんが、貴重な証拠写真です。

野猿 9月23日(水) 06:52
秋のコヨシキリは2度目の出会いです。
ヨシ原 観察 No2 野猿 9月22日(火) 06:53
 
天候に恵まれずシマセンニュウ狙いは難攻!

秋の渡りはヨシ原の中に潜り込んで、なかなか姿を見せませんで久々の出会いです。

野猿 9月22日(火) 07:15
バンダーさんの情報は、19日(土)は5羽の観察でピークを過ぎた様子との事!

21日(月)早朝の出会いです。

野猿 9月22日(火) 07:19
囀りもなく登場!


野猿 9月22日(火) 07:22
悩ましいですが、この仔もシマセンニュウと思われます。

野猿 9月22日(火) 07:24
引き上げの途中!

車窓からの撮影
鯉の里にて 野猿 9月11日(金) 07:08
 
当歳子の幼鳥

少し綺麗になって来ました。

野猿 9月11日(金) 07:11
背面は成鳥ですが嘴が短いです。

野猿 9月11日(金) 07:14
餌捕りは下手で、空振りです。

野猿 9月11日(金) 07:15
狙いは金魚?
ヨシ原観察 野猿 9月 3日(木) 10:27
 
ヨシ原で見られる夏鳥の終盤期の観察

9月1日(火)の撮影
子育てを終えたオオヨシキリ君の姿は、めっきり少なくなりましたがゼロではありません。

換羽も終えたのか綺麗です。

野猿 9月 3日(木) 10:30
繁殖期の5〜6月頃には、もう少し北方に移動すると思えるセッカ君の姿を見つけました。

野猿 9月 3日(木) 10:38
先日、バンダーさんから8月の中旬頃から、このヨシ原ではシマセンニュウ君が見られると教わっており、今回の狙い目にしていました。

早くも、2日目の9月1日に出会いがありました。

野猿 9月 3日(木) 10:43
バンダーさんは、8月22日に18羽 8月29日にも18羽を観察してをり、本番は9月上旬との事です。

期待が膨らみます。

野猿 9月 3日(木) 10:45
少し早過ぎると思えますが、
この仔はオオジュリン君でしょう。
子育てシリーズ(カワセミ編 2) 野猿 8月28日(金) 08:39
 
山間の小さな鯉の養殖場にて(8月25日)

親鳥は♂
 

野猿 8月28日(金) 08:46
餌は緋鯉の稚魚

養殖場では嫌われ者のカワセミ君

野猿 8月28日(金) 08:50
親離れ間近と思われる雛でしょう?

野猿 8月28日(金) 08:58
餌には不自由しない場所です?



通りすがり No2 野猿 8月19日(水) 08:22
 
高津川河口付近の浜では、冬羽に移行中のキョウジョシギ君がいました。


野猿 8月19日(水) 08:25
10時過ぎの出会いでして、陽炎がきつくピンが取れません。

野猿 8月19日(水) 08:30
陽炎の影響を避けるために夕方に出直しましたが、残念ながら既に抜けていました。

小石をひっくり返して採餌していました。

Password:
 cookie
1 2 3 4 5 6 7 8 9