5715
近況は・・・ らむちぃ 1月 8日(月) 09:29
 sudoさん、松の内も過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 今年は元日から災害や事故が続き、大変な年明けとなりましたが、ご家族の皆様共々にお変わりありませんでしょうか?

 今年もレポートを拝見したりして、お世話になりますので、よろしくお願いいたします。

              らむちぃ

sudo 1月 8日(月) 18:09
らむちぃさん、こんにちは。
私は今まで月2回ペースで登山をしていたのですが、12月に入ってから、咳がひどかったので、登山は控えていました。暇はあるので、絵を描いたり、本を読んだりしています。
この冬は奥秩父や八ヶ岳などの雪が少なかったようですが、そろそろ雪も積もってきていると思うので、天気などをみて、登ってこようと思っています。
続・ラッセルの話 らむちぃ 12月 4日(月) 09:43
 sudoさん、こんにちわ。

前回のラッセルの話では、冬の滝谷避難小屋まで2日かけてもダメだったとありましたが、夏道ならば4時間で行ける所ですよね! その当時は腰まであるラッセルだったのでしょうか?

 私も高校山岳部の冬山合宿で八ヶ岳に行った時、阿弥陀岳から鉱泉のベースに戻るとき、ОBが「ラッセル訓練だ」と言って、行者小屋から横岳西壁の森に入って進んだことがありますが、この時が腰までのラッセルで、一歩踏み出す前に目の前の雪を崩して固めてから進んだ覚えがあります。

 これで、すっかりラッセルが嫌いになりました。

 sudoさんはよく単独行でラッセルを続ける気になりますね。!?

sudo 12月 4日(月) 14:43
らむちぃさん、こんにちは。
滝谷避難小屋まで2日かかった時はスノーシューを履いていました。
よく覚えていませんが、雪がなければ10分で行けるところを、空身で30分ラッセルして、10分で戻り、荷物を担いで20分で前進したということを繰り返したと記録には書いてありました。
八ヶ岳の杣添尾根も二日間ラッセルしても稜線にたどり着けずに降りてきたことがありました。
今ではとてもそんなにラッセルする気にはなれません。
ワカンとスノーシュー らむちぃ 12月 2日(土) 10:54
 sudoさん、こんにちは。
そろそろ雪山のシーズン到来ですが、sudoさんはワカンとスノーシュー両方持っていましたよね。
 私はワカンしか履いたことがありませんが、スノーシューは平地では断然歩きやすいそうですが、傾斜地ではまるで役に立たないらしいですね。

 sudoさんは若いころに涸沢岳西尾根や中崎尾根などに山行してますから、ラッセルの経験も豊富でしょう。私などは、3月の奥多摩の長沢背稜で、2時間程のラッセルでネをあげて戻りましたが、sudoさんは厳しいラッセルの思い出はいかがでしょうか?

sudo 12月 2日(土) 22:22
らむちぃさん、こんにちは。
スノーシューもかなり急傾斜でも登れますが、下りは怖いと思います。スノーシューは重いので、最近は、持って行くとしたら、もっぱらワカンです。
ラッセルで苦労した思い出としては、中崎尾根を登ろうとして行ったのですが、雪が深くて、滝谷避難小屋まで2日かかってしまい、引き返してきたこともありました。でもなるべく自分でラッセルがしたくて、年末の休みも人より早い時期に取って、山に向かっていました。
昔の話です。
御座山 juqcho 11月29日(水) 17:36
sudoさん、お久しぶりです。といってもこちらのホームページはときどき拝見しています。
御座山は私もずっと長い間関心を持っている山です。
深田久弥の『わが愛する山々』の中に「御座山」と題する牧歌的な山旅の紀行文があって、御座山のことを「モロに立派」な山だと褒めちぎっていたものですから。
この山は、公共交通機関ではアクセスが難しいでしょうか?

sudo 11月29日(水) 18:10
juqchoさん、こんにちは。
私もjuqchoさんのHPは登山記録のみならず、備忘録も拝見しております。
御座山の登山口は北相木村と南相木村にあるようです。南相木村の方は村営バスが1日3便だけあるようですが、北相木村の方はタクシーで行くしかないように思います。

juqcho 11月30日(木) 23:21
ご教示ありがとうございました。
自分でも調べてみて、いつか御座山には登ってみようと思います。
御座山 らむちぃ 11月27日(月) 13:43
 sudoさん、こんにちわ。オグラ山のレポートを拝見しました。御座山とは、またまた渋い所を選びましたね。佐久の名山でしょう。

 以前に大島亮吉の本で「西上州の山々」として、父不見山や四方原山などとともに紹介している文章を読んだ事があります。

 快適な避難小屋でよかったですね。小屋の印象次第で、山の印象も変わりますから・・・。

 それにしても、sudoさんの夕食メニューは簡素ですね。カップ麵に餅、つまみにソーセージでは、翌日の腹持ちが悪いのでは・・・。





















sudo 11月27日(月) 19:42
らむちぃさん、こんにちは。
御座山は避難小屋が綺麗で、他に誰もいなかったのが良かったです。
山で宿泊するときは荷物を少なくするために食事も簡単にしていますが、お腹はいっぱいになっています。
冬になれば、雪がある分、携行する水の量が減りますが、アイゼンなど雪上歩行具が増えるので、余計重くなりますね。
寒くなってきましたね らむちぃ 11月13日(月) 08:48
 sudoさん、おはようございます。

今までの暑さが噓のように、寒いですね。
やはり、季節は進んでいるようです。

 sudoさんはそろそろアイゼンのツァツヶにやすりがけしている頃ですか?

 それと最近は水彩画の方は、いかがですか?

sudo 11月13日(月) 19:51
らむちぃさん、こんにちは。
アイゼンのやすりがけはしていませんが、雪山にはまた行きたいと思っています。
長泉(ながいずみ)麗峰山の会 後藤隆徳 11月 7日(火) 08:42
 
初めまして、静岡のゴトーです。
いつも頑張っていますね。
大馴鹿峠に興味です。
また、よろしくお願い致します。


sudo 11月 8日(水) 19:52
後藤さんこんにちは。
2015年頃、冬の仙丈ヶ岳地蔵尾根松峯小屋でお会いした方ですね。
お久しぶりです。
大馴鹿峠には私もまだ興味を持っていて、丸沢から大馴鹿峠経由で、薬師岳へ登りたいと思っています。
文化の日ですが らむちぃ 11月 3日(金) 09:07
 sudoさん、おはようございます。

 11月になっても夏日になるとは、チョット信じがたい陽気ですね。それでも、高山は着々と冬支度で雪化粧をしていることでしょう。

 私が山に登っている時には、11月といえば雪上訓練の月で、富士山や蓬沢などに行って滑落停止やワカン歩行の練習をしていましたが、sudoさんはいかがでしょうか?

 そろそろ冬山の計画を立てる時期ですが、今年はどの山域にでかけるのでしょうか?
 昨年は、南アルプスや奥秩父でしたね。















sudo 11月 3日(金) 10:54
らむちぃさん、こんにちは。
文化の日といえば、今までは1年の中で、ストーブをつけ始める日の目安でしたが、今年は随分狂っていますね。
山については、退職前は11月23日勤労感謝の日が積雪期の登山の開始でした。
今はいつでも休めるので、休日にはなるべく山に行かないようにしています。今のところ、メインとなる雪山も決めていません。
田代山・帝釈山の話 らむちぃ 10月20日(金) 14:12
 sudoさん、ご無沙汰しています。田代山と帝釈山のレポートを拝見しました。私も以前に弘法大師が祀られている避難小屋に興味をひかれてルート研究をしたのですが、会津高原からはタクシー利用となるので、出費を計算して諦めました。

 天候に恵まれて、素敵な山行となり楽しかったでしょう。帰路は湯ノ花温泉にでも寄ったのでしょうか?ここは、泉温が43〜60℃だそうで、私のような「ぬるま湯好き」には到底入れませんが、sudoさんは熱い湯でも平気ですか?

 尾瀬周辺の山々は湿原あり、温泉ありと中高年向きの山が多いですが、あまり人にも会わない静かな山行ができたみたいで、何よりでした。

sudo 10月21日(土) 07:55
らむちぃさん、こんにちは。
確かに田代山は登山口までのアプローチが長いです。
未舗装部分が10kmくらいあるので、車高の低い車では腹を擦ってしまうかもしれません。
アプローチの悪さが、山の綺麗さを守っているかもしれませんね。
この山ではゴミを一つも見ませんでした。
遭難について らむちぃ 10月 8日(日) 08:46
 sudoさん、おはようございます。

 昨日も那須・朝日岳で四人の方が遭難したなくなりましたが、七月から八月にかけての遭難件数は700件以上で過去最多となるそうです。

 近年の遭難は道迷いや滑落等でなく、疲労によるものが増えているそうです。
 昔の山の教育を受けた私としては、疲労で救助を頼むことには首をかしげてしまいます。
 最近では山での携帯利用で、救助を呼べばすぐにヘリコプターが来て、ピックアップしてくれるようですが、ヘリコプター自体は国有でも維持費は県負担で年間3億、それに常駐隊員の日当など5千万円かかり、関係する市町村も登山道補修費用で1千万円前後計上しているようです。

 こんなにお金がかかると、入山料徴収などの動きが出てくるのでしょうか??

sudo 10月 9日(月) 06:04
らむちぃさん、こんにちは。
那須の朝日岳で4人も亡くなったというのは大事故ですね。
遭難の詳しい記事は読んでいませんが、最近まで夏の暑さだったのに、急に寒くなり、雪が降ったり、強風が吹いたりといった気象条件も遭難に関係があるのかもしれませんね。
続・車で登山 らむちぃ 10月 6日(金) 07:47
 sudoさん、おはようございます。

 車を登山に使うのは、荷物をたくさん積んで、登山口で選択できるので便利ですね。特に冬山ではワカンにするか、スノーシューにするか、はたまたスキーにするかと迷いますが、実際に登山口に着いて決めることができて助かるでしょう。
 ザックに括り付けて電車に乗るよりはズット楽ですね。

 それに高速道路ではオートクルーズに設定すれば、ハンドル操作だけで済みますから・・・。

 私なども前泊して、朝一番のバスを待ったものですが、駅前広場にテントを張って横になっていました。

 

sudo 10月 6日(金) 20:37
らむちぃさん、こんにちは。
まったく、その通りです。
車で登山 らむちぃ 10月 3日(火) 14:29
 sudoさん、こんにちは。

 sudoさんは車で移動して登山を続いていますが、車の運転をしてからの登山は疲れませんか?

 私が若かった頃は、高速道路も繋がってなく(中央道は甲府昭和まで、関越道は高崎市まででした。)したがって、新宿発23時55分長野行きや上野発22時13分長岡行きに乗ったものです。

 車があれば林道奥の登山口まで入れるので、時間短縮になりますね。
 私がよく歩いた奥多摩の小川谷林道は、東日原から3時間は歩かないといけないので、毎回苦労させられました。 最奥の三又には立派な駐車場があり、作業車が停まっていましたが・・・。

 車の場合、縦走とかで下山口が違うと、ピックアップに苦労しますが、時刻を気にせず下山できるのがメリットですかね。








sudo 10月 4日(水) 06:54
らむちぃさん、こんにちは。
車で行くことのメリットは、たくさんの装備を持って行って、登山口から見た積雪状況などで、取捨選択ができることですね。
下山後に着替えられるのもメリットです。
行きはホテルに前泊することも多いので、運転の疲労は気になりませんが、帰りは車に自動運転の仕組みが装備されているのが役に立ちます。ハンドルだけ操作していれば、アクセルとブレーキは踏む必要がありません。帰りの運転中に右下肢が攣った時にも、運転を続けることができました。


1 2 3 4 5 6 7 8 9