333561
ヤマガラ 野猿 3月25日(金) 06:39
 
我が家の庭
マキの木にとり付けた巣箱で、ヤマガラ君が営巣を始めました。

営巣に気付いたのが昨日(3月24日)です。 

野猿 3月25日(金) 06:47
2〜3日前に、巣箱の穴を覗いているヤマガラ君を見ましたが、この時期の3月に営巣を始めるとは思いませんでした。


野猿 3月25日(金) 06:58
このマキノ木の巣箱
昨年は、5月中旬からシジュウガラが営巣した場所で、その前はスズメでした。

同じシジュウガラ科ですが、約1ヶ月半も早いです。

野猿 3月25日(金) 07:04
今季もシジュウガラの営巣を期待しており、ヤマガラが巣箱を使ってくれるとは思いませんで、驚いています。

野猿 3月25日(金) 07:06
5月の初めには、巣立ちが見られる事を期待しています。
ヤマセミ 野猿 3月20日(日) 07:22
 
3月19日
久し振りのヤマセミ入りです。

野猿 3月20日(日) 07:24
♂も♀も健在な様子です。

野猿 3月20日(日) 07:28
オシドリも、北帰行の準備で集結中です。

野猿 3月20日(日) 07:32
オシドリとヤマセミが同時に撮れるチャンスです。


野猿 3月20日(日) 08:32
前日の雨で、川が増水した事に加えて3月の渡り時期に巡って来るチャンスでしょうか!

野猿 3月20日(日) 08:36
ヤマセミもオシドリ君には、関心がない様子で知らないふりです。

野猿 3月20日(日) 08:38
既に、番になっている様子です。
コウライアイサ 幼・若鳥 野猿 3月16日(水) 17:37
 
3月15日
北帰行の時期を迎えているのか、成鳥♂の姿が見られませんで、♂と思える幼鳥が新たに確認されました。
幼鳥か若鳥かは疑問がのこります。

野猿 3月16日(水) 17:45
今季は、始めて見る幼鳥!
若鳥と云うべきかも分かりませんが、綺麗です


野猿 3月16日(水) 17:53
保護者役を務める成鳥♀はこの仔です。

光線の加減かも分かりませんが、先日の成鳥♀よりも綺麗な感じです。

野猿 3月16日(水) 18:08
同じような♂の若鳥を、2016年3月16日に左鐙で確認されていますが、その時の個体です。

野猿 3月16日(水) 18:40
若鳥と見比べる参考資料として保存中です。

上の写真と同じ個体 2016/03/26日 撮影

野猿 3月16日(水) 18:42
今年の個体です。
我が家の庭 野猿 3月16日(水) 06:49
 
我が家の庭の紅梅と白梅

野猿 3月16日(水) 06:58
メジロ君の朝食場所に

自然の神秘か?
紅梅は、木の幹を切ってみると花と同じ紅色をしており、白梅は白っほいです。
コシギ 野猿 3月14日(月) 07:01
 
課題のコシギ君

何とか、それなりのショットを戴く事が出来ました。

朝の9時51分

野猿 3月14日(月) 07:04
難儀しました。

昨年のバーダー10月号に「コシギを見てしまったら命が危ない」と書かれているほど、難易度が高いのです。

野猿 3月14日(月) 07:06
写真を撮ってしまったからには、当分の間は注意しないと!

野猿 3月14日(月) 07:15
9時57分まで 6分間の出演

その後は、水際の草叢の中で休息に入り、姿は確認できるものゝ大変な草被りです。

10時〜15時過ぎまで、時々 羽繕いと伸びをするだけの5時間半です。

野猿 3月14日(月) 09:16
15時過ぎに見えなくなる幸運の一日でした。

夜行性が強く明るい内は、トラフズクの様に殆んど動かないとなれば、難易度が高いのも納得です。
コウライアイサ 3月 野猿 3月 9日(水) 09:09
 
3月7日 久し振りにコウライアイサの観察に出かけました。

当日撮った番の写真を見ると、鳥が変わっている様に見えます。

3月7日の番

野猿 3月 9日(水) 09:11
特に、雌の模様に違和感をかじます。

3月7日の雌君です。

野猿 3月 9日(水) 09:14
昨年の12月に撮っていた雌君です。

見比べてみて下さい。明らかな違いが?

野猿 3月 9日(水) 09:16
ちなみに、3月7日の雄君

野猿 3月 9日(水) 09:19
昨年に撮っていた雄君

雄も、個体が違って見えます。

野猿 3月 9日(水) 09:21
7日の番 写真でみくらべて見ます。

野猿 3月 9日(水) 09:42
昨年の12月に撮っていた番

雌の方は若く見え、オスの方は幾分か綺麗になって見えます。婚姻色によるものとも思えず、ペアが入れ替わったようです。

今季は二番が観察された事になり、来期が楽しみです。
クマタカの幼鳥 野猿 3月 2日(水) 17:10
 
トモエガモの集結場所での出会いです。



野猿 3月 2日(水) 17:12
山の稜線には成鳥の姿が見えており、子育て中と思われます。

野猿 3月 2日(水) 17:18
対岸の林縁でくつろいで居り、トモエガモ狙いでもあるのでしょうが、繁殖地なのでしょう。




野猿 3月 2日(水) 17:24
クマタカの幼鳥は2年目くらいまで、営巣地から半径700bくらいの範囲で過ごすようです。

野猿 3月 2日(水) 17:25
親からの給餌を当てにしての事
トモエガモの大集結 野猿 3月 2日(水) 16:31
 
越冬中は集団で行動する事から、警戒心が強く撮影には大変苦労するトモエガモ君ですが、数万単位の大集団となると話は別物です。

野猿 3月 2日(水) 16:36
2月25日 中国太郎の異名を持つ江の川での撮影です。

ピーク時は5万羽の大集団だったとの事

野猿 3月 2日(水) 16:42
撮影当日はピーク時の半分で、2万羽くらいが残った居ました。


野猿 3月 2日(水) 16:45
3枚目の写真のトリミングです。

間違いなくトモエガモです。

野猿 3月 2日(水) 16:49
想像も出来なかった大集団

数が多すぎて写真になりません。

野猿 3月 2日(水) 16:52
見慣れたショットの方が落ち着きます。
ウミスズメ 野猿 2月23日(水) 11:15
 
3度目にして、ようやくお目にかかれたウミスズメです。

冬には中国地方でも少数が見られるとの事ですが、CRは絶滅絶滅危惧TA類でもあり、なかなかチャンスがありません。



野猿 2月23日(水) 11:22
10日前 2日間もかけて見られなかった事からして、不思議な事です。

感謝!感謝! 湾内です。

野猿 2月23日(水) 11:27
西風が強く、左向きしか見せませんが、良く見ると
嘴の真ん中に2本の中央線が見られます。


野猿 2月23日(水) 11:31
始めは、ゴミでも付いているのかと思いましたが、上嘴の模様です。


野猿 2月23日(水) 11:33
はっきりしませんが、新しい発見をした感じ!


野猿 2月23日(水) 11:35
チャンスがあれば、
ホロうちも丁寧に撮りたいところです。

野猿 2月23日(水) 11:37
ホロ打ちは、少し沖合でした。

野猿 2月23日(水) 11:40
至近距離での撮影は、幸運とお友達に感謝です。
ルリビタキ 野猿 2月17日(木) 11:51
 
例年なら、年明け早々にはルリビタキ探しに入る時期ですが今季は、2月になってしまいました。

益田川のダム周辺がポイント

野猿 2月17日(木) 11:55
小川が流れる林縁を捜します。


野猿 2月17日(木) 11:58
2月11日の影

成鳥♂ 比較的綺麗な個体でしょうか?

野猿 2月17日(木) 12:02
2月14日に出会った個体

若鳥の♂と思えます。

野猿 2月17日(木) 12:06
物怖じしない性格なのか、目の前まで来ました。

昨年生まれの♂でしょうか?
♀に似ていますが様子が違います。

野猿 2月17日(木) 12:23
子育て中とも思えませんが?

成鳥の♀が近くに観察されます。何故でしょう?

野猿 2月17日(木) 12:29
成鳥♀君は警戒心が強く、良いショットをくれません。
ソウシチョウ 野猿 2月16日(水) 10:10
 
益田川百景、2月の景色のひとこまにソウシチョウの小さな群れです。

14〜5羽くらい居ました!

野猿 2月16日(水) 10:17
益田ダムの道端にて

イノシシの捕獲機(ハコワナ)の中の、誘い餌している米ヌカに付いて居ました。

野猿 2月16日(水) 10:21
雑食の小鳥らしく、冬場の餌に選んだようです。

生命力豊かな外来種 ‼

野猿 2月16日(水) 10:23
イノシシの餌を横取りするソウシチョウです。
高津川百景 河口域 野猿 2月11日(金) 15:52
 
ハジロカイツブリの夏羽

2月9日 河口の中ほどで餌捕りをしているのを確認するも、
距離があって写真にはなりません。



野猿 2月11日(金) 15:58
8日は、近場での出会いでした。

河口が広いだけに幸運が必要!

餌取ショットは期待ほどでもなく残念!

野猿 2月11日(金) 15:59
今 暫くは滞在してくれそう?


1 2 3 4 5 6 7 8 9