356290
トモエガモの大集結 野猿 3月 2日(水) 16:31
 
越冬中は集団で行動する事から、警戒心が強く撮影には大変苦労するトモエガモ君ですが、数万単位の大集団となると話は別物です。

野猿 3月 2日(水) 16:36
2月25日 中国太郎の異名を持つ江の川での撮影です。

ピーク時は5万羽の大集団だったとの事

野猿 3月 2日(水) 16:42
撮影当日はピーク時の半分で、2万羽くらいが残った居ました。


野猿 3月 2日(水) 16:45
3枚目の写真のトリミングです。

間違いなくトモエガモです。

野猿 3月 2日(水) 16:49
想像も出来なかった大集団

数が多すぎて写真になりません。

野猿 3月 2日(水) 16:52
見慣れたショットの方が落ち着きます。
ウミスズメ 野猿 2月23日(水) 11:15
 
3度目にして、ようやくお目にかかれたウミスズメです。

冬には中国地方でも少数が見られるとの事ですが、CRは絶滅絶滅危惧TA類でもあり、なかなかチャンスがありません。



野猿 2月23日(水) 11:22
10日前 2日間もかけて見られなかった事からして、不思議な事です。

感謝!感謝! 湾内です。

野猿 2月23日(水) 11:27
西風が強く、左向きしか見せませんが、良く見ると
嘴の真ん中に2本の中央線が見られます。


野猿 2月23日(水) 11:31
始めは、ゴミでも付いているのかと思いましたが、上嘴の模様です。


野猿 2月23日(水) 11:33
はっきりしませんが、新しい発見をした感じ!


野猿 2月23日(水) 11:35
チャンスがあれば、
ホロうちも丁寧に撮りたいところです。

野猿 2月23日(水) 11:37
ホロ打ちは、少し沖合でした。

野猿 2月23日(水) 11:40
至近距離での撮影は、幸運とお友達に感謝です。
ルリビタキ 野猿 2月17日(木) 11:51
 
例年なら、年明け早々にはルリビタキ探しに入る時期ですが今季は、2月になってしまいました。

益田川のダム周辺がポイント

野猿 2月17日(木) 11:55
小川が流れる林縁を捜します。


野猿 2月17日(木) 11:58
2月11日の影

成鳥♂ 比較的綺麗な個体でしょうか?

野猿 2月17日(木) 12:02
2月14日に出会った個体

若鳥の♂と思えます。

野猿 2月17日(木) 12:06
物怖じしない性格なのか、目の前まで来ました。

昨年生まれの♂でしょうか?
♀に似ていますが様子が違います。

野猿 2月17日(木) 12:23
子育て中とも思えませんが?

成鳥の♀が近くに観察されます。何故でしょう?

野猿 2月17日(木) 12:29
成鳥♀君は警戒心が強く、良いショットをくれません。
ソウシチョウ 野猿 2月16日(水) 10:10
 
益田川百景、2月の景色のひとこまにソウシチョウの小さな群れです。

14〜5羽くらい居ました!

野猿 2月16日(水) 10:17
益田ダムの道端にて

イノシシの捕獲機(ハコワナ)の中の、誘い餌している米ヌカに付いて居ました。

野猿 2月16日(水) 10:21
雑食の小鳥らしく、冬場の餌に選んだようです。

生命力豊かな外来種 ‼

野猿 2月16日(水) 10:23
イノシシの餌を横取りするソウシチョウです。
高津川百景 河口域 野猿 2月11日(金) 15:52
 
ハジロカイツブリの夏羽

2月9日 河口の中ほどで餌捕りをしているのを確認するも、
距離があって写真にはなりません。



野猿 2月11日(金) 15:58
8日は、近場での出会いでした。

河口が広いだけに幸運が必要!

餌取ショットは期待ほどでもなく残念!

野猿 2月11日(金) 15:59
今 暫くは滞在してくれそう?
高津川百景 中流域U 野猿 2月11日(金) 14:52
 
越冬中の2羽のクロヅル君、時おり求愛ダンスも見せてくれるとの事

楽しみが続いています。

野猿 2月11日(金) 14:53
番になっているとの報告です。
高津川百景 中流域 野猿 2月11日(金) 14:27
 
暫く姿を見せなかったコウライアイサ君

1ケ月振りの出会いです。
何時もの越冬地より5〜6`上流、元気にしていました。

野猿 2月11日(金) 14:29
若鳥の♂君も幾分、恰好良くなった様に見えます。

野猿 2月11日(金) 14:31
姐さん女房の♀君、貫禄です。

野猿 2月11日(金) 14:34
番になっている様で、若くても♂君が先導しています。

野猿 2月11日(金) 14:39
交尾もしており、仲睦まじい夫婦です。
高津川百景 野猿 2月11日(金) 13:56
 
上流の2月

清流のオシドリも、恋の季節に入った様で集結し始めています。
集団見合いでもありますが北帰行の準備でもあります。

野猿 2月11日(金) 14:13
トモエガモ君、越冬機関中は何時も集団で過ごしています。

単独行動のトモエガモ君を見た事がありません。

野猿 2月11日(金) 14:16
集団行動だけに警戒心が強く、シャッター音だけでも飛立ちます。

難儀な仔です。
ハジロカイツブリ 野猿 2月 3日(木) 06:56
 
ハジロカイツブリ夏羽と冬羽

ハジロカイツブリの夏羽に、地元で再会できるとは思いもしませんで、喜びもひとしお!

野猿 2月 3日(木) 07:13
1月29日には居る事を確認出来たものゝ、天候などの条件が悪く、撮影するのに3日間もかかりました。

野猿 2月 3日(木) 07:18
雌雄同色で性別不明ですが、この時期にしてはほぼ夏羽模様になっています。

幸運のショットは自慢画像の一枚になるかも?

野猿 2月 3日(木) 07:27
地味な水鳥の上に、比較的北帰行が早く夏羽を見る事が少ない仔です。

虹彩の赤色が、特別 目立つほど綺麗です。

野猿 2月 3日(木) 07:29
前向きの肖像です。
トモエガモ 野猿 2月 2日(水) 06:00
 
季節の鳥 2月 に選んだトモエガモ

昨年は各地でトモエガモの大群が観察されましたが、地元の高津川では縁がなく寂しい思いをしたものです。

野猿 2月 2日(水) 06:08
今季は早くから高津川でも5〜60羽の群れが確認され、シャッターチャンスに恵まれる事を期待していました。

野猿 2月 2日(水) 06:10
チャンスは1月29日、ヤマセミポイントでの幸運です。

野猿 2月 2日(水) 06:18
100羽の群れで、オシドリも混ざって居ます。

時期的に、婚姻色で綺麗になり警戒心も薄れる時期でもあります。

野猿 2月 2日(水) 06:27
2月のカモ類は、警戒心が薄れて撮りやすくなる季節です。

シメ 野猿 1月30日(日) 22:14
 
冬鳥の小鳥が少ない今季

シメ君も今季初めての出会い!

野猿 1月30日(日) 22:25
鳥撮りに嵌る切っ掛けになったのが、シメ君でそれなりの思い入れが!

トラフズク君同様に独特の風貌は魅力で、ドアップに耐えられる容姿が好きです。

野猿 1月31日(月) 06:25
2019年には、大きな群れで越冬した場所ですが、今季は2羽しか見当たりません。

寂しい事で!
トラフズク 野猿 1月26日(水) 13:07
 
14日 オミクロン渦の中を押して隣県まで出かけて見ました。3羽のトラフズク君を観察するもののロケーションが悪く写真になりません。

慰めに過去の在庫からゴミ箱探しをしました。

野猿 1月26日(水) 13:15
大好きなフクロウ!
中でもトラフズクの風貌には格別の思いを持つ小生です。


野猿 1月26日(水) 13:18
横向きのショットは特別です。

野猿 1月26日(水) 13:23
2011/02/08日 斐伊川河畔の仔

この年も3羽を観察しています。

野猿 1月26日(水) 15:37
今後の再会を期待して、鳥撮り写真帖のトラフズクをリニュウアル更新しました。


1 2 3 4 5 6 7 8 9