221547
369: 新ホームページになりました
とても気まぐれとは言えない「お久しぶり日記」です。

この4月からインディーズに戻り、公式サエラホームページが新しくなりました。

ホームページがなくなったよ〜という皆様、ご心配をおかけしておりましたが、先日無事アップしました。

「 caetla.info」 で検索すると出ます。

なかなかシンプルで分かりやすいですよ。
年齢とともに、自分たちがわかりやすようにということにこだわり、これが一番!かなと。

また、you tubeなども見られるようになりましたので、いつでもお楽しみいただけるかと思います。
どうぞ時々覗いてみてくださいね。

なるべくマメに日記も書きます・・・。


2016年4月17日の日記
368: 希望はパレード?
昨日は「ひがしどおり来さまいフェスタ2015」で歌って来ました。
あいにくの雨でしたが、来てくださった皆さんは真剣に聞き、また楽しんでくださって、とても嬉しかったです。

私たちにとって初めての東通村ですので、生サエラはほとんどの方が初めてかなと思いきや、以前どこかで見たという方が結構いましたし、さらに十和田、八戸などからかけつけてくださった方も。
お越しくださった皆様に心から感謝いたします。


さてこの写真ですが、本日のfacebookにお姉さんが「藁の馬」に乗りたいとあったので、私の携帯の写メを思い出し見つけました。
2010にこうして乗っていたことを忘れているらしいです。
いや、もしかしたら乗ったことはおぼえていて、実は馬に乗ってパレードしたかった?

う〜む、未だにお姉さんは何を考えているのか謎・・・。
ところで、これ子供用サイズ! 
藁ってとても頑丈なんですね(笑)

それにしても嬉しそうなお姉さん。
昨日のイベントから今日帰って来たばかりでもう「馬市まつり」に行くなんて、めちゃくちゃお元気。
恥ずかしながら私はマッサージに行ってました。
恐るべし還暦パワー!!

2015年8月30日の日記
367: 正しい日本語
前回の中野くんに続き、またまた小倉生まれの男性登場!
アナウンサーの宮本隆治さんです。
度々ライブにおいでくださってましたが、この度お食事に誘われました。
嬉しかったです。

宮本さんは動物占いで「ネアカの狼」と判明。
ああ、そういえばいい感じに変わり者でした(笑)
そう言われても嫌がらないところがまさしく狼ですね。
適職は「アナウンサー」とあったから、またすごい。

私の鼻濁音を「美しいなぁ」と話の途中に何度も褒めてくださいました。
津軽の人は結構ふつうに鼻濁音で話すので、褒められるほうが不思議なくらい。
でもアナウンサーさんてそんなことが気になるんですね。

もちろんお話し上手ですので、お孫さんやお嬢さんの話、仕事で出会ったたくさんの方々のことを面白く話してくださいました。
よく食べよく笑い、楽しい時間があっという間に過ぎて行きました。

それにしてもきれいな日本語、耳に優しかったです。
学ばねば!

2015年7月29日の日記
366: 性格もイケメン
東京で「サエラの想いで散歩道」を収録していた時のディレクションとミキシング担当の中野くん!
本当にお世話になりました。
3年間のお付き合いでしたが、やっぱり津軽弁はむずかしかったようです(笑)

それにしても何度見ても感心してしまうほどのイケメン。
おまけに性格もいい。
彼女がいても良さそうなのにシャイなせいかな。
そこが可愛くもあるけど。

最初で最後かもということで、オバサン色全開で厚かましいこのポーズ!
失礼しました。

今度は青森で待ってるはんで。
ねぶた観に来いへ〜。

2015年6月28日の日記
365: 男性ファン急増中・・・かも
昨日は3回目のマッカートニーでのライブでした。
ありがたいことに満席!
しかも男性が多かったですね〜。こんなことありえません。
何が起きたのでしょうか(笑)

今回はサエラらしく歌謡曲、民謡、オリジナルをたっぷりお届けしました。
津軽弁もお望み通り少し多めに入れてみたら、案の定さっぱり伝わらなくて、訳したらみんな大笑い。
まるでわからないと言われました。
ちなみに「うるだいであさいたっきゃのめくておけたおん」
「わいは どんだっきゃ!」てな感じ。
どこで切れるのか、そこがまずわからない。
さらに標準語に近い単語がまったくないのが難易度を高くしているらしい。
しめしめ・・・津軽弁はそう甘くないのだ。

さて、このところライブでいつも感じるのは、聴く側の真剣さ。
こちらが真剣なのは当たり前ですが、客席はもう少しゆるく聴いてもいいんじゃないかって思うくらい集中している感じ。
だからトーク中にドリンクのおかわりを勧めても、そのトークにさえ真剣に耳を傾けているため、静か・・・。
そんなタメになる話なんかしてませんてば〜。

終了後のお見送りで皆さんとお話ししたら、よく泣きよく笑ったそうです。
やったー!嬉しいなぁ。私たちのモットーは「上質な娯楽」ですから。

またどこかのライブでお会いしましょう。


津軽弁の訳「急いで歩いたらつんのめってころんじゃった〜」
「まぁ、なんてこと!」でした(笑)

2015年6月15日の日記
364: 泣きました・・・
3ヶ月ぶりに書きます。相当気まぐれです、私。
さて突然ですが、文化放送「サエラと歌おう〜ニッポニアソング」が今月いっぱいで終了します。

震災直後に始まったこの番組は気が付いたら4年3ヶ月も続いていました。
番組主催の歌声パーティーをあちこちで開催し、たくさんのリスナーさんと直接お会いできる独特の番組だったと思います。

またリクエストにお答えした生歌コーナーもとても楽しかったです。
サエラは結構一発勝負に強かったりするんで・・・(笑)

昨日は最終回分の収録を終え、お決まりの最後のご挨拶「セバマダノ〜」と言い終わったあと、スタッフの皆さんが「お疲れ様でした!」と花束を抱えブースの中へ。
思わず二人とも泣いてしまいました。

とにかくアットホームな雰囲気で、笑顔が絶えない楽しい現場でした。
スタッフさんの顔を見ればわかるでしょ。
それこそ番組にはそれが出ていたのではないかと思います。
さみしいなぁ・・・・・。
こんなに長く続けさせていただいたこと、文化放送の皆さん、そしていつも聞いてくださったリスナーの皆さん、ありがとうございました。

いつか番組が復活するかもしれないその日まで「セバマダノ〜!」


2015年6月11日の日記
サエラの新しいホームページが出来ました!

http://caetla.info/


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17